先輩紹介

ここに登場する先輩たちもはじめは皆な未経験者です。入社後、関電工の研修所で技術習得して頑張っております。

架空配電工事作業班

渡辺 佑一郎

江戸川事務所 Y.W(9年目)

私は、高校卒業後当社に新卒入社致しました。
関電工の人材育成センターでの研修を経て架空配電工事のプロとしての人生をスタートさせました。この間に楽しい事、嫌な事たくさんありましたが楽しく思う事を紹介します。

・電柱建替えがきれいに終わったとき
・難しい仕事がうまくいったとき
・リップがあったとき
・仕事をやりきったときの達成感
・お客様にお礼を言われたとき
・高所作業車に乗れる
・4〜5人グループで作業する事

ちなみに嫌な事は、暑いとき、雨のときそして夜間作業です。

建柱工事作業班

加藤 宏紀

千住事務所 H.K(8年目)

私は中途採用枠で入社致しました。
入社後しばらくして関電工の人材育成センターで行われた「建柱工事コース 新入社員基礎講習」を受講しました。総訓練時間数は105時間です。座学と実技を学びました。

その後6年を経て、施工管理技術認定を受けました。社内でも建柱作業班の作業副長を任されるまでに至りました。

屋内線工事部門

山口 拓郎

設備部 T.Y(6年目)

私は電気専門学校で学び、卒業と同時に当社に入社しました。現在は屋内線工事の現場代理人をしています。
国内トップの設備工事会社である関電工の工事現場事務所が私の仕事場です。

業務は施工図を書いたり施工検討をしております。現場が円滑に進むために事前の検討をしっかりして作業員とのコミュニケーションを図っています。

入社して6年目となり、まだ未熟な所も多くありますが、安全に作業できる環境づくりを第一に考えながら日々努力しています。

架空設計部門

川崎 祥馬

設備部 S.K(6年目)

架空配電工事の設計を担当しています。
勤務地は東京都練馬区内にある東電タウンプランニング東京総支社内の藤谷電設工業ブースです。1日の業務は設計する電柱の現場確認とPC(パソコン)を使っての工事設計です。

当社へ入社して感じた事は、今まで当たり前のように電気を使用していましたが、多くの人たちが様々な業務をしているおかげで電気を安全に供給する事ができているんだとわかりました。

私自身もその一員だということを常に意識して業務に取組んでいます。